ハトコの小部屋

ハトの姿で日常を綴るコミック・イラストエッセイ

トイレにて

Posted by ハトコ on   2 comments   0 trackback


1-7-31.jpg


2-7-31のコピー


3-7-31.jpg


4-7-31.jpg


5-7-31.jpg



6-7-31.jpg


いや、ただね、便座が冷たかったのです。

我が家のトイレ、去年リフォームして、いけてるトイレにしたのです。

流すボタンも大小選択式のワンタッチ式のハイテクおトイレに。

しかし、昨今の節電状況の中、

予告なく便座保温がOFFになっていたのです。

昨日まで暖かかった便座が急に冷たくなっていたからびっくりしたのです。



いつの間にか、アタシの尻は便利に慣れた「甘えた尻」になっていたんだなぁと思った。

最近忘れていたけど、以前は便座カバー使っていたんです。

それで寒い冬だって事足りていたのです。

便座が暖かいなんて…必要以上の設備だったなぁと。


まだまだ落ち着かない日々ですね。

地震前と同じ生活に戻りたい気持ちはあるけど

以前と同じはもぅ無理で

見直すと何だか贅沢にエネルギー使っていたことに気づきました。

電気が全くない生活は不可能だけど、無駄に使わないことは可能ですね。



この間マスクを忘れて外に出て、息が思いっきり吸えることが嬉しかった。

毎日息苦しいんだもん。

すごいナウシカの気分。

あ、花粉症ではありません。

放射性物質対策です。


こんな事態を警告してた人もいたのに、その怖さを考えてなかったな。

友達が「原発建設反対運動の力をかしてっ」て言っていた時も

何だか遠巻きに見ていただけで協力できなくて、今となっては後悔です。


すぐに身体に影響はないって言うけれど、今後どうなるかは誰も分からない。

ほうれん草農家の人がつやつやのほうれん草をトラクターでひいて回っている姿や、

牛がダメになるから搾乳して、でも採ったそばから廃棄する姿…

野菜が売れなくて自殺した農家の人もいるって新聞に書いてあった。

…辛すぎる。


みんながどこにいても安心して生活できるようになってほしい。

福井のきれいな海にも、静岡にも他にも原発がある。

安全性を高めて、今後も運転していくよりも

思わぬ想定外の事態になっても、人が死んだり苦しんだりしない発電方法に切り替えていってほしい。

すぐには無理だろうが、確実にそっちの方向に行ってほしい。



アタシは自分エネルギーを燃やしています(=脂肪)

↑ チャリとかで移動してることを言っている。これはあんまり節電とは関係ないけどさ。



7-7-31.jpg

Comment

ふく says... ""
ナウシカ!って思うことあるよね。最近。
ナウシカんちは、地下からくみ上げた水を一度池で寝かせてから、そこから各家庭に引っぱらないと純度が高すぎて飲めないんだよね。
私たちもそのうち毒に慣れた身体になっていくのかな。

森の人みたいなイケメンに助けてもらいたい。
2011.04.01 15:17 | URL | #- [edit]
aico says... ""
ナウシカんちw
もう冒されてるね、なるべく身体に入らないようにしてるけど、
すごく生きづらい。
腐海みたいな浄化システムが実は地球に組み込まれていて
そのうち地下にきれいな土や水が溜まってるとかあればいいけど
そんなことないもんね。。。
人間が生み出した自然界に存在しない物質を自然には委ねられないよね~。
2011.04.03 22:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shiracobato.blog100.fc2.com/tb.php/16-6ec8ba16