ハトコの小部屋

ハトの姿で日常を綴るコミック・イラストエッセイ

ハト博士への道

Posted by ハトコ on   2 comments   0 trackback

最初

久しぶりの更新となる今回は…

プロフィールにハトが好きとか書いておきながら、
いまだかつてその話題、全然出てないよね?
ということで…

「aicoと学ぶ ハト講座」をお送りします。

はい。
…実はアタシも世の中のハト全てに詳しいわけでないので

図鑑

この私のバイブル。鳥図鑑『日本の鳥300』より
日本に暮らすハトについて、データを交えてお伝えしようと思います。
住んでるところも、鳴き声もそれぞれなハト。これを読めばあなたもハト博士!


カラスバト

キジバト

キンバト

アオバト

ズアカアオバト

シラコバト

シラコバトは埼玉県にしかいないハトなのです。
しかも越谷市にいるシラコバトだけ国の天然記念物なんだって!
アタシ近所で見かけたけど、あの子は天然記念物だったのかなぁ?
飛んできたかもしれないし。。。


ドバト


どのハトも可愛いけど、最後のドバトだけはどうも好きになれない。
外来種だって、この図鑑見て初めて知った。

このブログの一番初めにも書いたんだけど
ドバトにご飯狙われてからというもの、ドバト恐怖症ですよ。
なんか、鼻のとこについてる○○も意味不明だ。

ハトというと、このハトってくらい駅前とか、公園とかにいるよね。
すごい繁殖力なんだろうな。

でも、見かけるたびに

「このドバトめが!!!」と思ったりします。
↑ドバトの事情も知らずに失礼な発言をしたので訂正。

※ドバトだけ強面に描いたのは作者の心情を反映してます。
※実際ハト達はホッペ赤くありません。
※シラコバトとaicoハトの激しい相違は、デフォルメということなのでご容赦ください。

見たことあるのは、キジバト、シラコバト、ドバトだけだなぁ。
まだまだハト博士には遠い…
ハト博士になったら、サカナ君みたいなハトのかぶり物したい。

アオバト超可愛い…
いつか見に行きたいなぁ。




Comment

どなたか様 says... ""
レース鳩以前に、軍用鳩もしくは情報伝達用の伝書鳩が電話やらに取って代わられたあたりの事をちょっと\¥調べれば何故ドバトがこんなにワンサカいるのか分かりますよ。図鑑には載っていませんけど。要するに、全て人間の仕業です。
2011.04.24 18:21 | URL | #- [edit]
aico says... ""
どなたか様
そうなんですか…ドバトにはそんな歴史的背景があったんですね。
人慣れしてるから私のご飯を狙ってきたんですね!
情報ありがとうございます。調べてみます。
2011.04.25 00:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shiracobato.blog100.fc2.com/tb.php/20-918409e7