ハトコの小部屋

ハトの姿で日常を綴るコミック・イラストエッセイ

初ボランティア【前編】

Posted by ハトコ on   0 comments   0 trackback

ご無沙汰です。

更新をめちゃめちゃしたかと思えば、間が空いたりして…波のあるブログです。


先月末、災害ボランティアで東松島市に行ってきました。

震災以降、何か出来ることはないかなぁと思っていて

埼玉県社会福祉協議会のボランティア登録をしていたんです。

登録するとメールで支援物資の要請とか、ボランティアの募集とかの情報が来まして、

5月中頃に今回の「車中一泊ボランティアバスパック」の募集があって応募したのですね。

前日の夜出て、翌日活動し、その日のうちに帰ってくるという内容で、

短いんだけど、短かいからこそ初めてのボランティアにはいいかなと思って。

後で聞いた話によると40人の枠に対して100人から応募があったそうで

私は運良く40人に入れたので、行けることになりました。

で、とりあえず、持ち物を用意しなきゃということで…


6-7 001

以上のものを準備。

初めてのことで、どんな感じのものを用意していいか分からなかったのだけど

おおよそのものをシマチュウ(ホームセンター)とワークマンで購入しました。

防塵マスクを買う時悩んだのが、
2枚め

見た目はさりげない黒いマスク。値段は高め。

見た目が守りに入りすぎて、イカツイ白いマスク。
息するため?のフタが付いていた。なのに値段安い。

貧乏なので安くあげたかったけど、

被災地の人は生活している現在、物々しいイカツイ格好で

粉塵から身を守ってるわけはないと思ったから、

物々しくない方を選びました。

6-7-3.jpg

東松島市は去年の夏、自転車旅行で訪れた地。

海に面した宿が最後の宿泊地で、お風呂を早い時間から湧かしてくれて

温かいもてなしをしてくれたこと、すぐそばの海水浴場で泳いだこと

旅の最終地点であっただけによく覚えていまして、

津波の影響はあっただろうなと思っていたけど、

Googleマップで震災後の様子を見たら、宿が跡形もなく消えていて

すごくショックを受けました。

だから、ボランティアに行くなら東松島に行きたいなと思ってたのです。


埼玉を出発し、北を目指します。


バスの中で他のボランティアさんとお話しした感じ、

私と同じく初ボランティアの方が多くてちょっと安心。


S.Aで休憩しつつ、バス内で泊まって翌朝、宮城県に入ると、テレビで見たような

景色が目に入ってきました。高速道路が防波堤の役目をしたのか

高速を境に海側と、街側の様子が全然違うところもありました。

あとは、積み上がったガレキとか、使えない感じの車とか。


そんな景色を見ながら、東松島のボランティアセンターに到着。

現地についてからボランティアのマッチングです。

センター近くのお宅のお庭に堆積した「ヘドロ」を取り除くことになりました。


早速長靴に履き替えて、角スコップを携え、

粉塵で視界がボゥっとする中、担当のお宅へと他の皆さんと向かいました…

(後半へ続く)


3枚め

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shiracobato.blog100.fc2.com/tb.php/32-0b7fcf6d