ハトコの小部屋

ハトの姿で日常を綴るコミック・イラストエッセイ

ハトコイ

Posted by ハトコ on   2 comments   1 trackback


この間初恋のことを書いたら、分かるーと言ってくれた友人がいたので、
続編?続編!!

それは小学校に入学した頃。

1-11-31.jpg
はとこの保育園からは同じ小学校に上がる人がおらず、
すでに幼稚園コミュニティが形成されたクラスにおいて、私は孤独であった。
2-11-31.jpg
放課後は学童保育に入っていたのもあって、友達が出来ず
土曜日一人で家に帰るときなんか、すごい寂しかったなーって思う。
3-11-31.jpg
そんな、土曜日の帰宅中
4-11-31.jpg
はとこは「計算タイル」という磁石状の算数グッズを道に落としてしまった。
5-11-31.jpg
6-11-31.jpg
その時…
7-11-31.jpg
8-11-31.jpg
同じクラスの、出席番号1番のI君という男子が
ばらけたタイルを拾ってくれたのだ。
9-11-31.jpg
トキメク私をよそに、I君は全部のタイルを一緒に拾ってくれて、
風にように去って行った。。。
10-11-31.jpg
11-11-31.jpg
これが…おそらく初恋だったのかなーと今にしては思う。
小1だから、特に想いを告げるとかそういうことは、もちろん何もなく、
とにかく「優しくしてくれたクラスの男子」という印象が今も心の中にある。
ちょっと栗色の天然パーマで、まつげが長くて、脚がカモシカのように細くて、
しかも走るの速くて、寡黙でシャイな感じの男子だったなー。
…色々覚えてる自分、気持ち悪い。
その後小学校3年生のクラス替えでクラスが離れた彼は
小学校高学年の時に学校に来れなくなってしまったらしく、
中学校にもほとんど来なかった気がする。
心優しい少年だったから、傷つきやすかったのかなぁ…。
今は元気にしてるといいなぁ。

以上ときめきメモリアルでした。
描いてて思ったけど、小1の時のはとこ、なんかジャイアンみたい。

ランキングに参加していますにほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ人気ブログランキングへよろしければポチッと

Comment

ふく says... ""
優しくて
巻き毛で
カモシカで
少々心弱いなんて

私的ドストライクだぜ!(● ´ ▽ `● )
2012.06.01 03:23 | URL | #- [edit]
はとこ says... "Re: タイトルなし"
ふくちゃん
そうなの?笑

> 優しくて
> 巻き毛で
> カモシカで
> 少々心弱いなんて
>
> 私的ドストライクだぜ!(● ´ ▽ `● )
2012.06.03 16:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shiracobato.blog100.fc2.com/tb.php/85-6b52fd40
まとめtyaiました【ハトコイ】
この間初恋のことを書いたら、分かるーと言ってくれた友人がいたので、続編?続編!!それは小学校に入学した頃。はとこの保育園からは同じ小学校に上がる人がおらず、すでに幼稚園コミュニティが形成されたクラスにおいて、私は孤独であった。放課後は学童保育に入ってい...